高速鉄道の未来とは

高速鉄道の未来とは

トルコ、ブラジル

トルコでも高速鉄道の計画が立てられており、2003年にイスタンブールとアンカラをつなぐ路線の工事が始まりました。そして、2009年にアンカラからエスキシェヒールまでが開業し、最高時速は時速250キロとなっています。また、アンカラはイスタンブール方向だけでなく、2011年にはコンヤ方面の路線も開業しました。

これまでのアンカラ~コンヤ間は10時間以上かかっていましたが、高速鉄道が開業したことでわずか1時間30分で移動が可能になったのです。そのため、この高速鉄道はアクセス環境を飛躍的にアップさせることに成功しました。そのほかに、アンカラ~スィヴァス、アンカラ~イズミルなどの路線も開業しています。現在は1500キロの高速鉄道網となっていますが、2023年までに4000キロの高速鉄道網が計画されており、ますます交通の便が良くなるでしょう。

そして、ブラジルでも2009年に高速鉄道の計画が立っています。リオデジャネイロからサンパウロを経由し、カンピーナスまでのルートとなっており、ブラジルの主要都市を結んだ高速鉄道です。ブラジルは広い国土を持っていることから高速鉄道の誕生は期待されましたが、残念ながら現在も工事は始まっていません。