高速鉄道の未来とは

高速鉄道の未来とは

ICNとアルプトランジット

ヨーロッパにはフランスのTGV、ドイツのICE、ユーロスターなどの高速鉄道が走っていますが、スイスにも高速鉄道が走っています。これはICNという高速鉄道で、2000年の5月28日に開通しました。2002年スイスで開催された博覧会に合わせたもので、最高速度は時速200キロです。一等車と二等車のクラスが用意されており、ICNには食堂車もありますので食事を楽しみながら移動が出来ます。

スイスの国土は山岳地帯となっており、ほかでは観ることの出来ない絶景が広がっています。そのため、景色を楽しみながらの旅行も良いでしょう。そして、ICNの車体は世界的なカーデザイナーであるピニンファリーナが担当しており、世界でもトップクラスのデザイン性を持っています。また、一部の路線であれば日本からでも座席の予約が出来ますので、スイス旅行を考えている方は予約がおすすめです。

また、スイスではICNだけでなくアルプトランジット計画も出ています。これはアルプス山脈を南北に貫く高速鉄道で、スイス国外にもアクセスが予定されているのです。アルプスの山岳地帯を走る高速鉄道ですので、景色は見ものでしょう。そして、スイスからイタリアへの高速移動が可能になりますので、ヨーロッパ旅行を考えている方には注目の高速鉄道になるでしょう。