高速鉄道の未来とは

高速鉄道の未来とは

期待のリニアモーターカー

日本の高速鉄道といえば新幹線ですが、古くから研究が続けられているリニアモーターカーも高速鉄道のひとつです。しかし、リニアモーターカーという名前は知られているものの、リニアモーターカーの具体的な構造について知らない方も多いことでしょう。リニアモーターカーとは磁力によって車体を浮上させ、これによって抵抗を減らした状態で走ることが出来るのです。これは超電導リニアとも呼ばれており、世界中で研究が進んでいます。

磁力で浮かぶというシステムのリニアモーターカーですが、これまでに浮かせて走る電車の発想は存在していました。中でも代表的なものはホバークラフトでしょう。これは上から吸い込んだ空気を底に吹き込むことで浮上するシステムで、抵抗を減らした状態で進むことが出来るのです。このホバークラフトの仕組みによって走る電車は存在しており、特に空港からの移動に利用されています。

しかし、ホバークラフトはそれほどのスピードが出ませんので、やはり期待されているのはリニアモーターカーです。リニアモーターカーの開発は日本で積極的に行われていますが、世界でも研究が進められています。そのため、リニアモーターカーの実現はすぐそこまできているでしょう。